KOBITOS

world

「コビト」とは

草はらなどで遊んでいるとき、カサカサと物音を聞いたり、葉っぱがゆれていたり、なぜか茂みの奥がみょうに気になったりしたことはありませんか?それはもしかしたら、その場所にコビトがいるということかもしれません。
ふだん、わたしたちがなに気なく通っている野原や畑にいるのは、なにも昆虫や動物だけではありません。もちろんコビトたちも生活しているのです。

「トウチン」ってなに?

頭の先にある触手のようなもので、どんなコビトにもついています。呼吸をしたり、においを出したり、食べ物を食べたりと、コビトの種類によってその役わりはさまざまですが、まだわからないことがたくさんあります。

コビトを観察するみなさんへ

多くのコビトたちは自然の中でひっそりとくらしています。ただやみくもに探しても、なかなか姿をあらわしてはくれません。コビトたちの習性や性質をよく理解することが大切です。コビトのなかまには、人に害をあたえてしまうものがいます。コビトの知識を身につけて、うかつに手を出さないようにしなくてはいけません。そして、どの生き物を飼育する時も、その生き物についてお知識を得ることはとても重要です。どんな自然環境の中で何を食べ、どんな生活をしているのかをよく知りましょう。また、本来コビトたちは自然の中で気ままにくらしている生き物です。イヌやネコといったペットにはなれません。飼育観察を終えたあとは、必ずもといた場所に帰してあげる心構えが必要です。コビトもわたしたち人間とかわらない生き物であるということを、決して忘れないでいてください。

back to top

こびとづかん10周年企画!

待望の新刊「こびと大図鑑」大好評発売中!

楽しいイベント情報はこちら

幼稚園の先生へ!