1日1コビト紹介:ゴヤンチュ

「もっと色んな種類のコビトが知りたい!」という声にお応えして!
本日も「1日1コビト紹介」です♪

ゴヤンチュ.jpg ■ゴヤンチュ
体長20〜25cm(トウチンは含まない)
ツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤともいう)に寄生する。体から苦い体液を出し外敵から身を守っている。素手で触るとかぶれるので注意が必要。

メモ:
ツル状のトウチンを茎に巻きつけぶら下がり、そこから栄養をとってくらしています。
苦い体液はゴーヤの表皮にも含まれる「モモルデシン」という成分です。
虫や鳥に食べられないように分泌されますが、夏バテのこの時期、人間にとっては嬉しい効果が!胃腸の状態を整えて食欲増進してくれたり、血糖値や血圧を下げてくれたりと大活躍です。ゴヤンチュ探しのついでに、今夜はゴーヤ料理、作ってみませんか?


© 2013 Toshitaka Nabata. powered by AREA81